auポケットWiFiの中古は最近様々なところで手に入る様になってきています。

しかし、一言で言うとそのメリットはあまりありません。

中古端末はおすすめしない理由


その理由は、auポケットWiFiは契約時に機器を無料で貸し出されることが多いため、お金をかけなくても利用出来るためです。

機器費用は無償で利用出来るので、auポケットWiFi中古をお金を出して購入しても、一般的には無駄になってしまうことが多いためです。

ただし、特殊な用途で利用したいという場合には、これが無駄にならないこともあります。

中古のポケットWiFiを買うメリット


気に入った機種を使える


一つは、自分の気に入った機種を使いたい、という場合です。

無償で貸し出される機種の場合には、自分で好きな機種を選ぶことは基本的にはできません。

ところが、最近は様々な機種が出回っているため、それぞれ性能の違いがあり、これによって通信性が異なってくる場合が多いためその使い勝手に差が出ることが多いのです。

高速通信ができなかったり、通信バッファの容量に違いが有ったりと機種により違いが有る為、本来は用途によって選びたいところなのですが、無償の場合にはその機器は通信業者側が決定する為、希望のものが割り当てられないことも少なくありません。

それでも基本的な通信性能に違いは殆ど無いと言われていますが、マニアックなつかい方をする場合にはその差が顕著に表れるため、自分の希望のものを使いたい場合には、中古のものを自分で購入し利用するのが良い方法です。

複数の通信会社を使いたい



また、複数の通信会社を1台で使用したい場合などは自分で購入してSIMを入れ替えることで使用出来る場合があります。

通信業者から貸し出されるものは一般的に黒ロムと言われる、SIMを入れ替えても特定の通信会社しか利用できないようになっていることから、複数の通信会社を利用する事はできなくなっています。

一般的に通信会社を複数契約する場合にはそれぞれから機器が貸し出される様になっているため、それぞれを使い分ければよく、また面倒なSIMの入れ替えをする必要もありません。

その為、一般的には複数の通信会社を利用する場合であっても敢えて自分で機器を購入する必要はないのですが、1台で使い分けたい場合などには自分で購入した方がメリットがあるケースもあります。

中古を買ったときのデメリット


逆にauポケットWiFiの中古を購入した場合には、デメリットが非常に多いと考えられるので注意が必要です。

WiMAX回線を使えないことがある


一つはWiMAXが利用できない恐れが有ることです。

基本的に通信会社と契約して利用する場合、WiMAXが利用出来る機器が貸し出されることから全く気にせずに利用出来るのですが、自分で購入するとなるとその適合性を意識して購入する必要があります。

ただし、中古品の場合にはWiMAXに対応している機種が少ない事や、SIMがWiMAXに対応していないなどといった問題が生じることが多いため、複雑な確認が必要となってしまう点に十分に注意をしなければなりません。

状態の悪い中古端末にあたってしまうこともある


また、自分で購入する場合にはその状態に注意をする事も必要です。

完売されているものの中には、そのままでは使用できないものがある可能性もあるからです。

現在では自分で端末を購入した場合、他の通信業者でもその端末が利用できるよう、SIMロック解除を行うことが出来るようになっています。

これは購入した本人が指定することで通信会社がその設定を変更することで行われるのですが、万が一前の利用者が売却する際にこの設定を忘れてしまったり、あるいは様々な事情で設定の変更が行えない場合などは新たな利用者はこれを変更出来ないため、異なる通信会社では利用できない事になるのです。

残念ながら市場に出回っている物の中にはこのSIMロック解除が行なわれていないものもあり、問題の有る物が出回ってしまっている可能性もあるため注意をしなければなりません。

まとめ


このような様々な問題を抱えている可能性が高いauポケットWiFiの中古は、特別な理由がない限りは自分で購入するメリットは余り無いものと考えて良いものです。

また、特殊な用途で使用すると言っても、実際には最新の機器が割り当てられる可能性の高いauポケットWiFiでは、自分で購入するものよりも通信性能が高いことが多いため、より快適な痛心を実現できる可能性が高くなります。

最近では自動で最適な複数のアクセスポイントを選択し通信性能を良好にするダイバーシティ型の物も登場し利用されているため、より通信性能が高まっているのです。

しかもこれらは実質無料で利用出来ることが多いため、自分で購入して低い通信性能で利用するよりもメリットが大きいと考えられます。

スマートフォンの契約を利用して実現したいと考える人の中には自分で機器を購入することで実現できると考える人もいるのですが、スマートフォンの契約の場合には通信の上限が低いことから逆に割高となる危険性が高いものです。

その為、基本的には無料の物を利用する方が良いと考えられています。