インターネット回線を使う事で、様々なオンラインサービスを利用する事が出来ますが、近年では固定回線だけでなく、モバイル回線も高速なデータ通信が行えるものが登場しています。

2019年にサービス開始!どんなときもWiFi




どんなときもWiFiが使える環境を用意しておく事で外出先でもインターネットを使う事が出来ますので、ユーザーにとってはネットを使いたい時に役立ちます。

公衆無線LANサービスが街の様々な場所で使えるようになってきていますが、誰でもアクセスポイントなどを設定して使う事が出来ますので、パスワードが必要なサイトにアクセスするのであれば、公衆無線LANサービスはセキュリティーの面で不安があります。

そこで、活用したいのがポケットWi-Fiと呼ばれるモバイル回線サービスです。

スマートフォンなどとは違って、オンラインサービスを利用するには、表示や操作をする為の端末が必要ですが、複数台のデバイスを同時に利用する事が出来ますので、普段からスマートフォンやタブレットやノートパソコンを使い分けている人々にとっては便利なネット環境を作る事が出来ます。

ポケットWi-Fiを利用するには、auなどのキャリアとモバイル回線のプラン契約をし、同時にモバイルルーターを購入しなければいけません。

モバイルルーターは、いくつかのメーカー製の物が発売されており、ユーザーの用途に合わせて選ぶ事が出来ます。

新しい機種であればあるほど、高速化技術に対応していますので、今まで発売されてきた機種と比較して、十分に速さを感じられる通信速度の回線サービスを利用する事が可能になります。

このようなサービスを利用したい場合に気になる事は、月額料金でしょう。

月額料金は定額になっていますので、従量制と比べて大量にデータ通信を行っても料金が青天井という事がありません。

ポケットWi-Fiを使うのであれば、コストパフォーマンスが良いサービスを使うのがセオリーです。

モバイルルーターのサイズはスマートフォンよりもコンパクトで、厚みも少し厚い程度ですので、小型の鞄や衣服のポケットに入れて持ち運ぶ事が出来ます。

どんなときもWiFiをしたいのであれば、このようなコンパクトなモバイルルーターを購入するのが良いでしょう。

キャリアでプラン契約をしますと、対応端末を購入する事が出来ますが、キャリアが運営しているショップで購入しなくても、家電量販店でSIMフリーのモバイルルーターを購入する事が出来ますので、これを購入してSIMだけキャリアやMVNOで契約するといった方法でも外出先のインターネット環境を整える事が出来るでしょう。

どんなときもWiFiとauポケットWi-Fiならどっちがいい?


いつでも使える「どんなときもWiFi」とauのポケットWi-Fiを比べて、どちらの方がユーザーの用途にマッチしているのか調べてみましょう。

どんなときもWiFiの特徴


「どんなときもWiFi」は、そのサービス名通り国内外で使えるのが大きな特徴です。

キャリアの通信サービスの場合、別途国際ローミングサービスを利用する必要があったり、通信料が国内よりも海外で使う方が高くなったりしがちですが、「どんなときもWiFi」は2年定額で月額料金3480円で利用する事が出来ます。

海外でも使えるのはビジネスマンにとって大きなメリットであり、いつもの環境を海外へ持っていく事が出来ますので、あまり意識せずにネットを使えるでしょう。

auポケットWi-Fiの特徴




auのポケットWi-Fiは、auのモバイル回線を使ってインターネットに接続出来るのがメリットです。

大手キャリアの回線サービスですので、十分にデータ通信速度が高速であり、国内利用であれば、安定した通信が行えます。

また、全国にショップがありますので、モバイルルーターが故障した時には直ぐに修理依頼を申し込めるのも、このサービスを使う利点でしょう。

auの場合、モバイル回線は二通り存在しており、スマートフォンなどで使われる回線とモバイルルーター用に使われる回線です。

両方の回線を使う事が出来るスマートフォンやモバイルルーターもありますが、多くの機種はいずれかに対応しています。

高速なデータ通信を使う事で、特にビデオ・オン・デマンドサービスやモバイルOSの更新、オンラインストレージの同期の利用などで、フルHDクラスぐらいの動画をスムーズに視聴する事が出来ます。

動画サービスはここ最近かなり充実してきていますので、サービスのヘビーユーザーにとっては大容量で高速なプランが提供されていると用途にマッチしていますので、コンテンツの視聴に重宝します。

回線はどちらも4G LTE


「どんなときもWiFi」とauのポケットWi-Fiでは同じLTEを使っていますが、大手キャリアのサービスの方が全国に基地局を設置・管理しているので、高速化技術の恩恵を受け易いでしょう。

高速な回線を利用するには、サービスの内容を比較しなければ、実際にどれが良いのか分かりません。

しかし、大手キャリアはMVNOに回線を貸し出しているので、データ通信速度は、大手キャリアの方が数段高速である事が多いです。

その点を考慮してモバイルサービスを利用してみると良いでしょう。