ポケットWiFiは多くの通信事業体が参入し、その需要も高まっていますが、携帯電話の大手キャリアもこの動きに乗っかっています。例えば、auやdocomoがそうです。この両者のサービス内容を比較したとき、どちらを利用した方がお得なのかどうか、どちらの方が使い勝手がいいのかなどの部分は気になる部分です。

そこでこの2社ならどちらを選ぶべきなのか?を簡単に比較していきます。

auとdocomoのポケットWiFi比較


実際は機種そのものの差というのはあまりなく、サービス内容で大きな差があるような状況となっています。例えば、バッテリーの容量や通信時間というのもどこもさほど変わりはありません。

使えるデータ容量は?


比較をする際に見ておきたいポイントとして、データ容量があります。どれだけ多くのデータを利用することができるのかというのが、ポケットWiFiには問われることとなります。

そうした比較でみるとdocomoは5GBもしくは20GB、auは7GB、もしくは無制限というような形になっており、データ容量だけの比較を見ればauがリードをしているような状況です。

無制限のプランがあるのは携帯電話のキャリアだけでみればそこだけということになりますが、他の通信事業体では無制限のプランがあることはいわば当たり前であり、docomoは無制限のプランがないこと自体がマイナスといっても過言ではありません。

速度制限は?


次に速度制限の問題です。無制限のプランだからたくさん使っていいと思っていると速度制限を食らうことがあるため、注意が必要です。

この点ではdocomoに制限がそこまでないため、こちらが上となります。

auの場合は3日で10GBという範囲を超えると、通信速度が一気に落ちます。これは別に行っている系列会社のポケットWiFiでも同様の状況となるため、こうした仕様ということになります。

docomoの場合、無制限のプランがないため、そこまでのことをする必要がないというのも背景にはあります。無制限のプランを利用する人が気をつけるべき部分であるとも言えます。

月額料金は?


一番気になるのは月額料金の違いについてです。明らかな違いとして、docomoが高すぎるというものがあります。

月額料金を見ると、5GBのプランであるにもかかわらず、月額が7000円近い状況となっています。これはauの無制限プランの月額料金が4000円を少し上回る程度と比べて異様に高い料金です。しかも、docomoユーザーだからお得になるということもなく、完全に高止まりをしています。他のところはだいたい横一線の状態になっていることからも、今後横一線の状態に持っていくかどうかが注目です。

通信エリアは?


通信エリアなど、以前はアドバンテージを握っていたところもありましたが、最近は各社圏外の部分がないように力を入れており、この部分での差もなくなってきました。

どちらがいいかということを考えると、auの方が使い勝手も良く、値段の面でもおすすめですが、こうした状況は当然相手も分かっているため、今後値下げ競争などに突入した場合にはまた結論が変わることもあります。


どっちがいい?



  1. データ無制限で使える

  2. 料金が安い


この2つで有利なauのポケットWiFiがおすすめです。