WiMAXというのは、無線LANの規格の一つのことで有線回線と異なってLANケーブルを準備しなくてもインターネットを利用することができるという大きなメリットがあります。

特に、WiMAXに関しては他の無線の規格と比較しても非常に高速な回線を実現することができるとあって、非常に高い人気を集めています。

一般的に、こういった無線回線を利用するためには携帯デバイスなどのようにキャリアと契約をして、そのキャリアが提供している電波を利用させてもらうことで初めてインターネットを楽しむことができます。

携帯デバイスの場合はキャリアが用意している無線基地局を使うことで効率的にインターネットを楽しむことができます。

しかし、WiMAXに関してはこういった携帯デバイスだけのサービスに限定しているわけではなく、デスクトップパソコンなどのような大きな精密機械に対しても高速なインターネットを実現することができるというメリットが存在します。

実際に、こういったサービスを利用する時にはWiMAX専用のルーターを準備して通信環境を整えればそれで問題ありません。

そんなWiMAXに業界でも初となる1ギガbpsを突破した最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」が登場しました。



このW06の性能面についてまとめていきます。

W06はどんな性能?



速度性能が大幅アップ



WiMAXに関しては、W06という新しく出ているルーターに関しても非常に高精度で、旧モデルと比較しても速度が速くなるということが分かっています。

従来までの受信速度も平均して良かった傾向はありますが、それと比較してもさらに平均して20%ほどを受信速度が上がっているというデータも存在します。

普通の無線の速度と比較しても平均20%程度のアップを実現していますので、これまでと比較しても非常に快適な通信環境を整えることができるわけです。

安定性もアップ



また、無線ルーターを利用する時には安定性が非常に大切になります。

有線回線と大きく異なるのは、LANケーブルを利用していないため電波の受信環境が悪くなってしまうと、それだけで通信環境が劣悪になってしまう可能性が存在するということです。

現実的にも、それまでのwi-fiルーターに関しては設置する場所や生活している環境によっては満足な通信環境を整えることができないというデメリットが存在していました。

例えば、高層マンションで暮らしている人や鉄筋コンクリートに囲まれて生活をしている人などに関しては、電波が届きにくい状況になっていました。

ですから、こういった環境でサービスを利用する時には特別な電波を受信するためのサービスを利用しなくてはならないというデメリットがあったわけです。

この点、新しく出てきたW06については、こういった環境でも安定して速度を持つことができるというメリットがあります。

高いパフォーマンスを発揮することができるので、従来のものと比較してもサービス面で不満に感じるということが少なくなっています。

比較的電波の環境の悪い所でも効果が発揮されるというデータも発表されています。

モバイルルーターとして機能するので、自宅でなくても出張先や職場で自由にこういった高速な回線を使えるという利点が存在するわけです。

電波環境の悪い場所で使えるというのは、とても大きなメリットと言えます。

基本的に、電波というのは他の家電製品などの精密機械からの干渉を受けやすいという背景があります。

ですから、モバイルルーターを持ち歩いたとしても本来ならばこのような精密機械から発せられる何らかの電磁波によって、少なからず通信環境が悪くなってしまうというデメリットがあったわけです。

しかし、このW06については電波の悪い所であっても効果を発揮することができますので、それまでと比較してもストレスが溜まるような受信環境になるということがあまりありません。

W06で安定性が上がった理由



では、なぜこのような受信環境を整えることができるのかと言うと、アンテナ感度を改善したからです。

W06では、アンテナ感度を向上させて受信速度を向上させるという作業を行っています。

そのため、電波が届きにくかったり受信しにくかったりするエリアであっても、アンテナ感度が増した影響からインターネットに繋ぎやすい環境を整えることができるようになっているわけです。

また無線回線を利用する時に必ず知っておかなくてはならない点として、容量制限に関する対応が存在します。

この点W06には、自動の切り替え機能に対応しているという大きな利点が存在します。

もともと、無線環境でインターネットを利用する時には容量を考えて使用しなくてはいけません。

仮に、キャリアが提案している容量以上のデータを受信してしまうと、そこからの通信環境がペナルティによって著しく悪くなってしまいます。

ですから、通信モードでそうならないようにするための自動切り替え機能に対応しているということは、非常に便利なことであるといえます。

そして、これほど環境を向上させることができるにも関わらず、バッテリー持ちが従来までのものと比較してよいというデータも発表されています。

若干程度ではありますが長持ちしますので、やはり持ち運びにも便利であると言えます。

まとめ



注目の最新機種「W06」についてまとめました。

速度面・安定性の面で非常に期待が持てる機種です。

現行モデルの中で最強であることは間違いないので、迷っているならW06を選んでおくといいですね。