ファーウェイ製ポケットWi-Fi【801HW】登場!




ワイモバイルの801HWは、2019年3月7日に発売されたHUAWEIのポケットWiFiです。

5CA対応で、ハイスピードかつQRによる簡単接続も備えるので、簡単快適に使えるのが特徴です。

また、色は洗練されているシックなネイビーですから、使う人の年齢や場所を選ばず、何時でもスマートに活用できます。

大容量バッテリー搭載&最速972Mbps




バッテリー容量は3,000mAhと大容量で、下りの最大通信速度は972Mbpsと、実用的で隙のない性能となっています。

これは、複数の周波数帯を1つに束ねるキャリアアグリゲーション技術をベースに、4x4MIMOや256QAM技術を組み合わせて実現したものです。

更に、5GのMassiveMINO技術にも対応していますから、混雑するエリアにおいても、安定して速い快適な通信が楽しめます。

電池持ちは省電力設計により、約10時間と十分に長く実用的に使える長さです。

WiFi対応機器の接続台数は、最大で同時に16台までですから、高速な最高通信速度と合わせて使い方の幅が広がります。

このように、ワイモバイルのHUAWEI製801HWは、数あるポケットWiFiの先を行く機種で、性能面はこれ以上ない高さを誇ります。

801HWの基本スペック




基本スペックに目を向けると、サイズは幅128.4×高さ65.6×奥行13.8mmで、とても持ち歩きやすいコンパクトさです。

重さは約145gと軽量ですし、省電力設定OFFの時であっても約8時間の連続通信時間なので、電池切れを心配せずに使える安心感があります。

無線LANがOFFの状態なら、連続待受時間は最大約900時間にもなるので、長期的な持ち出しでも安心です。

無線LANはIEEE802.11のa・b・g・n・acをカバーしており、殆どのWiFi対応機器と接続できます。

しかも、パソコンと接続できるType-C端末を備えるので、より活用の幅が広くなっています。

FDD-LTE・AXGP・TDD-LTEのデータ通信方式の対応で、上りの通信速度は最大588Mbpsに至ります。

パソコンはWindows7~10までに対応済みですし、MacはOSXの10.6~10.14までOKです。

国際ローミング対応で海外も大丈夫


国際ローミングはLTE・AXGP・3Gを網羅していますから、海外でも快適に使うことができるでしょう。

アドバンスオプションで無制限に使える


801HWはアドバンスオプションの対象で、7GBを超えても高速データ通信を楽しめるようになっています。

対象料金プランはポケットWiFiプラン2で、利用料金は月額684円とリーズナブルです。

アドバンスオプションは国際ローミングでは使えないものの、国内で使用する場合は快適に高速通信が味わえます。

ポケットWiFiプラン2は、高速データ通信が月々7GBまで3,696円ですが、アドバンスオプションを加えることで制限を突破できます。

801HWの申込み方法




申し込みはネットや店舗からできます。

ワイモバイルショップのほか、ワイモバイル公式サイトから会員ページにログインして、そこからアドバンスオプションの手続きが行なえます。

801HWで快適なネット生活を満喫しよう


速度の速さと最大約10時間の連続通信時間を兼ね備えるので、ワイモバイルの801HWは十分に、従来の宅内回線と比べてその代わりになり得ます。

外出時はシームレスに持ち出せますから、室内外を意識することなく、優れた性能による最大通信速度の恩恵が受けられるでしょう。

それともう1つ、混雑時に対応するMassiveMIMOが技術の目玉で、今までWiFiが苦手としていた駅構内や繁華街でも安定した通信を達成しています。

高速性だけでなく通信の安定性も併せ持つ、これが801HWの魅力的な強みです。

7GBの制限を超えるアドバンスオプションは、首都圏などの都市部に対応しており、広範囲のエリアで高速データ通信が可能です。

文字通り垣根なくシームレスに持ち出せるので、従来のポケットWiFiとは使用感ががらりと変わります。

端末の契約期間は基本的に3年で、技術力のHUAWEIが高性能を実現した端末ですから、機種代金そのものはそれなりにします。

しかし、契約期間と同様の3年の分割払いを選択すると、月々の負担は軽く現実的なコストに落ち着きます。

最新の5G対応で、5Gをいち早く楽しめる端末ですから、十分に有力な候補となるでしょう。

ワイモバイルが本気で5Gに対応して結果、このように高性能かつ料金が手頃で、魅力的な端末が誕生しています。

色の選択肢やアドバンスオプションの対応状況など、多少気になる点は存在しますが、それでもトータルの完成度は非常に高いです。

料金重視で選ぶ端末ではないとしても、一度高速通信を味わうと元には戻れない、そんな凄さを感じさせる予感を秘めます。

ポケットWiFiにはまだまだ発展性があって、将来性も十分に感じさせるのがこの端末です。

繁華街で混雑していても問題なく通信できる様子は、これまでの端末からすると驚きで衝撃的です。

実用性が更にワンランク上になったと思える通信の安定性と速さなので、ワイモバイルを検討するなら801HWが狙い目です。