auでも扱っているポケットWiFi、WiMAXが一番人気です。ただ人によって事情は違いますし、相性や好みの問題でもあります。

ここではいろいろなポケットWiFi情報を知りたい人のために、au機種を中心に取り挙げています。


auのポケットWiFiを使うメリット


 たくさんのポケットWiFiがあるなかで、特にauは非常にお得だと言えます。たくさんのメリットがある中で、何よりも会社が大きいことです。
 これは、auの会社が各地にたくさんあり疑問に思ったことはすぐに店舗で聞くことができるということです。店員さんと直接対話ができるのは、電話とは違い安心感があります。また、auのスマホを持っている方であれば、ユーザー名が一緒だということで割引が受けられます。パケ放題プランに加入していれば月額料金が、最大でも934円お得になります。
 他にも、カフェや飲食店などで高速インターネットを利用できるという利点もあります。スマホだと大容量で通信を行わなければいけないため、WiFiをたくさん使用することができるのはありがたいサービスだと言えます。そして、スマイルハートという障害者向けの特別なサービスもあります。こちらは、スマホやポケットWiFiの基本使用料が半額になるというサービスになっています。障害者手帳や療育手帳などの証明が必要になりますが、適用範囲が広いため何かの手帳をお持ちの方はauに直接聞いてみることも必要だと言えます。
 このように、auのポケットWiFiにはたくさんのメリットがあります。しかし、自分の地域では適用されているのか不安だという方には一度レンタルされることをおすすめします。レンタルされることで、電波が来ているのかどうかを判断することができるためこういったサービスを事前に受けることが好ましいでしょう。


auのポケットWiFiは使い方次第でスマホ代節約も可能!


au のポケットWiFiは利用しやすいサービスですが、使い方を工夫するとスマホ代を節約できます。スマホを利用する時の料金は高めですけど、ポケットWiFiは通信にかかる費用が安いです。ポケットWiFiを使えばスマホの通話もできますし、プランを選べば節約も可能です。
ではどういう使い方をすれば安くできるかというと、両方のプランを調べて比較するといいです。ポケットWiFiは機械を借りる料金と、通信の費用の両方を支払います。それに対してスマホは本体を持っていれば、通信の費用だけを支払う事になります。節約をしたい時はこの2つの料金を比較して、安くなる条件を選ぶと上手く行きます。
ポケットWiFiは本体を借りる料金があるので、通信量が少ない場合は安くしづらいです。安くできるのはある程度通話やネットをしている場合で、そういう方ならば安くできます。ネットや通話を良くしている方の場合、高めの通信費用を支払っていることがあります。そういう方ならば安くすることもできるので、使い方によっては節約も可能です。
ポケットWiFiを使ってスマホ代を安くできるのは、通話やネットを良くやっている方の場合です。この製品は大量にデータのやり取りをしても、安い料金ですむ特徴があります。スマホで大量のデータを送受信している人は、この製品を使ったほうが安くなります。そうではなくあまり使っていない人の場合は、節約にならないこともあります。

ポケットWiFiの料金はいくら?


auのポケットWiFiの料金は、契約の仕方によって変わってきます。用意されているプランは標準契約、ルーター割引、固定代替契約の大きく3種類に分けられ、自宅のインターネット環境によって契約できるプランが変わってきます。少々わかりにくいところがあるのですが、ニーズにあった最適なものを選ぶことができると考えれば良いでしょう。

上記の3種類のプランの中で、auのポケットWiFiの標準契約をした場合の基本料金は、誰でも割引きを適用した場合、月額4,880円となっています。ポケットWiFiがあれば、他のプロバイダーとインターネットの契約を結ぶ必要が無くなるだけでなく、外出先でも使うことができるので、どこでも快適にインターネットを楽しむことができるようになります。auのポケットWiFiはWiMAXであるため、通信制限が無く使い放題であるのも大変魅力です(3日で10Gの制限はあり)。

また、月額4,880円という料金は他社のほうが安いイメージがありますが、auの携帯電話を契約し、auスマートバリューmineなどに加入している人は、月額費用から934円値引きされるので、ポケットWiFiの料金は3,946円となり、年間11,208円もお得になります。さらに、WiMAX 2+ おトク割を適用させることで、最大25カ月間、月額500円が割引きされます。その結果、ポケットWiFiの月額料金は実質上3,446円で利用が可能になります。なお、上記の料金は上限無制限で申し込んだ場合ですが、7GBが制限で良い方は、お手軽な月額2,762円に抑えることも可能です。動画を見たりしなければ、お手軽なコースも悪い選択肢ではありません。

>>WiMAXルーターをレビュー!|WiMAXってどうなの?


auのWiFiルーターが使えるエリアは?


ポケットWiFiを利用するにあたって、電波が届くかどうかというのは非常に重要です。普段の使用はもちろん、旅行先でも使える物を選ぶことは、利便性の上でも押さえておかなくてはならないポイントです。ポケットWiFiはキャリアによって対応しているエリアが異なるため、旅行や出張が多いという方は選ぶ際には注意が必要です。大手の通信会社を比較すると人口の多い関東圏などでは対応エリアは基本的にそれほど変わりません。また人口の密集している関西圏においても対応エリアの差にはさほど多いな違いは見られません。また中部地方においても同様にあまり大きな差はないと言えます。都市部から離れるにしたがって、エリアの差は多少出てきます。自分が住んでいる地域がどのあたりになるのか、使用する場合快適に使えるかどうかは実際に店舗にてスタッフの方とよく相談してみると良いでしょう。auのポケットWiFiは比較的広範囲の対応エリアで使用できるので、通常の使用であればほぼ問題なく使用できるでしょう。ただ、山間部では対応できないポケットWiFiも多く、auに関しても例外ではないため、その点に関しては事前に確認しておくなど、注意したほうが良いでしょう。

auの端末に速度制限はある?


最近流行りのポケットWiFiですが、auでは「WiMAX2+フラットfor DATA」「WiMAX2+フラットfor DATA EX」という2種類のプランがルーターサービスとして提供されています。これらの内容は、WiMAX2+通信(下りは最大220Mbps、上りでは最大10Mbps)、プラチナバンド4G LTE(1,000円オプションで800mhzハイスピードプラスエリアモードの場合、両方使える)というサービスで、2年単位の契約となっています。購入要のルーターの種類は、最新のもの「Speed WiFi NEXT W03 HWD34」をはじめとして4つあります。
「WiMAX2+フラットfor DATA」では、月間で高速データ通信容量制限が設定されていて、オプションのハイスピードプラスエリアモードにおける通信料が月間で7GB超となった時に、月末まで最大速度128kbpsの制限がなされます。他にも3日間連続して使用量が3GB超となった時にも最大速度128kbpsの制限(終日)がなされます。
もう一つのプランである「WiMAX 2+ フラット for DATA EX」では、高速データ通信における月間7GBデータ容量制限の設定がありません。また、3日間連続しての使用量が3GB超となった場合でも終日速度制限はありません。

auのポケットwifiにお試しサービスはあるの?


auのポケットWiFiがあれば、固定の回線がなくても、家でも外でも高速通信が可能になります。しかし、いざ契約してみて自分の行動範囲で快適な通信ができなかったり、機器の使い方がわからなかったりしたときには、お金の無駄になってしまいます。

そのようなことがないように、無料でお試しできるサービスがあります。ポケットWiFiをお試しで使いたいときには、auではなく関連会社 UQWiMAX公式サイトで、対応するエリアかどうかを確認してから、そのままネット上で申し込みの手続きをします。申込時には貸出機器の在庫状況を確認することができますから、正式に利用するときに利用したい機器があるならば、在庫がある時に申し込みましょう。

登録料、通信料、レンタル料、配送料などは基本的に15日間無料ということになっているのですが、申し込みをするときには本人名義のクレジットカードが必要で、有効性を確認することができたときに手続きが受理されます。クレジットカードと同じように使えるデビットカードについてはネット上ではなく書面での申込みしか出来ません。

申込みが受理されたら、自宅に機器が届くので、普通に使用していきます。そして期限内に返却することになりますが、15日というのは自分が発送する日ではなく、相手に届く日なので輸送にかかる日数を考えておかなければいけません。

もしも、機器を壊したり、期限内に返却ができなかったときには、違約金を支払うことになるので注意が必要です。利用規約を守った上で、満足できる結果が得られれば、そのままauのポケットWiFiを契約してみましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加